借換え専用クレジットカードローン

借換え専用クレジットカードローン

2010年に完全施行された改正貸金業法によって、貸す側にも、借りる側にも大きな変化が訪れました。
このうち、借りる側にとって最も影響があったのは、
総量規制の導入によって一定以上の借り入れが出来なくなったことではないでしょうか。
具体的に言えば、貸金業者からの借り入れ総額が年収の3分の1を超えてはならないとする制度であり、
これによって借りたくても借りられない事になりました。

もちろんこの制度の主旨は、借り過ぎを防止し、
それによって支払いが困難になることや多重債務問題に陥らないようにすることを目指しています。
「3分の1」という割合が妥当かどうかは別問題としても、そのような一定の基準を設けたということは画期的でした。
しかし、一方で、返す見込みがあるのに、
一時的にでも3分の1を超えてしまうことになるので借りられないという状況も生み出しました。 このような「貸し渋り」に遭って、家計や個人事業主の経営の上で支障が生じたというケースも実際にありました。

ところでこの総量規制ですが、実は例外が多くあるのです。
まず、あくまで貸金業者からの借り入れの総額に対する話なので、銀行など金融機関から借りたお金は3分の1に含まれません。
それに近い内容となりますが、住宅ローンなども規制の対象外です。
貸金業者が行っているいわゆる「無担保ローン」が対象であるため、
住宅ローンなどの担保を必要とする債務は種類が異なり対象外となる訳です。

そして、案外知られていないのが、そのような消費者金融からの借金の借り換えに関するローンもまた総量規制の対象外であるという内容です。
他社の金利の高い借金を、より金利の低い別の会社のローンで完済してしまうという、
いわゆる「おまとめローン」は、無担保ローンではありますが3分の1にはカウントされないことになっています。
利息の支払いを減らし、それによって借金を減らすのだから良い事とされている訳です。

このため、消費者金融各社は、おまとめローン、借換えローンと呼ばれる商品を展開しています。
例えば、クレジットカードやキャッシングカードを取り扱っている消費者金融大手の「アコム」の場合、
最高300万円までを限度として、実質年率7.7パーセントから18.0パーセントまでの金利で借換え専用ローンを用意しています。
他社が金利が高い場合は、もちろん利息支払いを節約することができるようになりますし、
最長で12年3ヶ月まで支払いを薄く延ばせることで、毎月の支払い負担を大きく減らすことが可能となります。